施工管理の仕事は建設現場で工程や安全、品質を管理しながら全体を調整していく現場監督の仕事です。

東京オリンピックを控え、建築ラッシュとなっているため建築業の需要は高まっています。

施工管理の仕事に向いている人とは、どんな人なのでしょう。

【こんな人が施工管理に向いている】

誰でも施工管理の仕事ができるというわけではありません。

やはり向き、不向きがあるので転職を考えているなら自分は向いているかどうか考えてから決めましょう。

現場監督をしなければなりませんから、コミュニケーション能力は必須です。

クライアントとの打ち合わせや現場の職人たちをまとめるには、コミュニケーション能力がないと難しいです。

そしてリーダーシップがある人、計画性がある人、危機管理能力がある人が施工管理に向いています。

【こんな人が採用されやすい】

施工管理で採用されやすいのは、経験があることです。

転職の場合は即戦力を求められます。

ある程度経験があった方が優遇されます。

また、施工管理技士の資格をすでに持っている人も転職に成功しやすいです。

入社してから資格を取る方法もありますが、やはり時間がかかるのですでに持っている人を雇った方が企業としては良いですよね。

【やりがいを感じやすい仕事】

みんなで一つのものを作り上げていく仕事なので、それが完成した時の達成感は最高だと言います。

また成果もわかりやすい仕事なので、無事故で工期を遵守できた時の喜びも大きいと言われています。