施工管理の仕事をしていたが、転職を考えているという人もいます。

施工管理の仕事でなぜ転職をしたいと思うのでしょう。

施工管理の人の転職の理由を調べ、まとめてみました。

【転職理由は何?】

施工管理の仕事を転職したいと思うのは何が理由なのでしょう。

どんな仕事でもそうですが、転職先は、今よりも給料が多いところが良いと考えるものです。

そして次いで業務内容、勤務地となっています。

転職を考える30代から50代の人たちは、給与、勤務地を優先して考えています。

20代と60代は、業務内容を重視している傾向にあるようです。

20代では資格取得支援がある会社だから転職した、施工管理をしたことはないがチャレンジしたいという人が多いです。

他にはこのようなきっかけで転職を考えた人たちもいるようです⇒https://matome.naver.jp/odai/2151290748812985501

【ライフスタイルの変化も転職の理由?】

年齢とともにライフスタイルが変化してきたことも転職のきっかけになるようです。

30代は結婚や出産があって家族が増えた、家族との時間を大切にしたい、育児にも参加したい、家も買ったので転勤は避けたいから転勤がない職場に転職したいと考えるようです。

50代くらいになると、親の面倒を見なければならなくなったとか、体力が持たないので近場へ転職したいという声が多くなります。

【残業が少ないところに転職したい】

今はどの企業も残業を減らす方向へ向かっています。

建築業界では工程通りに進まないと残業になったり、休日に作業をすることになるので残業が多くなりがちです。

そのため残業が少ない現場に転職したいという希望はなかなか通らないかもしれません。

しかし建築業界も残業を減らす方向ですから、この点は大丈夫でしょう。