どんな仕事でもやりがいがあると楽しいものです。

嫌なことがあっても、やりがいを感じることができたらそれで救われますよね。

施工管理の仕事では、どんな時にやりがいを感じるのでしょう。

【施工管理の仕事の魅力とは】

施工管理が扱う仕事は、管工事や土木、建築、電気工事などがあります。

これらの工事の作業工程を管理したり、作業を行う際の安全、品質管理を行う現場監督です。

仕事の規模は工事の大きさと同じで、大きい工事になるとそれだけ責任も重くなります。

しかし、一から作業を始めていき、工事が完成していく間ずっと関われるので、工事が終了した時に達成感が得られます。

他の仕事よりも達成感ははっきりと感じられるのではないでしょうか。

やりがいを得たいからと転職してくる人もいるようです。

【どんなスキルが身につく?】

施工管理の仕事をすると、どんなスキルが身につくのでしょう。

施工管理技士の資格を取って施工管理の仕事に就くことになるでしょうから、専門的な知識はかなり身につきます。

また、クライアントが何を希望しているかを見極めてそれを満たすようにするのでコミュニケーション能力が身につきます。

【現場をまとめるのは大変】

現場監督よりも現場で働く職人の方がかなり年上になるので、その職人たちをまとめていかなければならないのは大変です。

若いころから職人として働いてきた人たちを相手にするのは大変なことですが、そんな職人たちから信頼されるようになればやりがいを感じながら毎日働けます。

現場を一つにまとめ、工事を完成させたときの喜びはとても大きいものになります。

大きな現場で働きたいと転職する人もいますが、大きい現場ほど大変であると考えておきましょう。